1. HOME
  2. 最新ニュース&インタビュー
  3. コラボトレンド第3弾!ゲーム×ハイブランドとのコラボが急増中

JOURNAL

コラボトレンド第3弾!ゲーム×ハイブランドとのコラボが急増中

コラボトレンド第3弾!ゲーム×ハイブランドとのコラボが急増中

世界のハイファッションブランドがゲームに関連したコラボに意欲的!巣ごもり消費の増加により、ゲーム業界では米国だけでもゲーム人口は2015年から1億人近く増加しているとも言われています。そんな右肩上がりのゲーム業界に、相次いで参入しているのがハイブランドなんです。一見関係が無さそうに見える「ゲーム」と「ハイブランド」のコラボレーション。なぜこれらのハイブランドがゲーム業界への進出を強化するのか、最新動向を探って参ります。

なぜハイファッションはゲームとコラボするのか?

ファッションのコラボと言えばプロスポーツとのコラボが主流でしたが、コロナ禍でも急成長しているゲームマーケットを無視できない状況が生まれています。特に今年に入ってからハイブランドもゲームという新たなプラットフォームの活用に続々と挑戦し始めています。ゲーム業界は活況を呈しており、この傾向が続くことを考えるとそれは当然のことで、新たな潮目に直面していると言えるのかもしれません。ここではなぜハイブランドはゲームとコラボするのか、その理由を詳しく見ていきましょう。

ゲーム人口は、伝統的なスポーツ人口に匹敵

もはや万人の趣味となったゲーム。米国で見るだけでも直近のゲーム利用者数は2億1500万〜2億2000万人。2015年比で1億人近くも増加しています。拡大の背景にはパンデミックによる経済社会の変化が上げられ、外出自粛の要請などが追い風となりゲーム業界が大きく拡大しました。

またゲームがストレス解消と考える人も多くなり、伝統的なスポーツ人口を凌ぐほどの市場規模へと変化しています。

中でもeスポーツの市場規模は、米ナショナル・フットボール・リーグの視聴者数に匹敵し、2024年のパリオリンピックへ競技としての追加も検討されていることも追い風となっているようです。

今後もゲーム業界の人気は高まっていくと考えられ、ハイブランドと言えどもゲームマーケットを無視できない状況が生まれています。

新たな顧客層にリーチしたいハイブランド

ゲームコミュニティこそまさに、ファッション界がまだ開拓していない未開の地。絶好の顧客獲得のチャンスなのです。若い世代にとってハイブランドのアイテムは、なかなか高価で手が出せないのが現実。そんな世代の消費者たちを、将来ブランドの顧客として取り込むことが狙いとも言われています。

ゲームを通じてファッションの没入感を経験させることができるため、若い世代への認知を高めるのにもうってつけ。まさにゲームとのコラボは時代の変化に柔軟に対応したプロモーション戦略とも言えるでしょう。

また従来の広告よりも効果的で新たな広告手法にもつながり、多くのハイブランドがゲームというプラットフォームを新たな世代の顧客開発に活用し始めています。

ハイブランドだけではなくゲーム側にも新たな顧客層にリーチできる魅力もあり、双方のメリットが合致する組み合わせと言えるでしょう。

高級ブランドをバーチャルで買うのが主流?

ファッションという概念も変わりつつある昨今。高級ブランドをバーチャルで買うことは、「当たり前」と感じる日もそう遠くないのかも知れません。今年は特にゲームとハイブランドのコラボが多く発表されたため、ゲーム内で仮想的に比較的安価に購入できるようになりました。ここでは、最も注目すべきゲーム×ハイブランドのコラボレーションを見ていきましょう。

「Gran Turismo 7 」× 「Dior」 

車とゲームという熱狂的なファンを持つ世界に、ファッションという新たな選択肢を提示した話題のコラボレーションがグランツーリスモ7とDior(ディオール)の特別コレクション。

こちらのコラボは、2022年8月25日(木)にゲーム内で公開されました。

ゲーム業界でもカルト的存在でもあるグランツーリスモ7は、eスポーツの中でも多くの競技人口を抱えるゲーム。そんなグランツーリスモ7がコラボに選んだのはフランスを代表するトップメゾンDiorです。

今回のコラボで発売されたのは、デ・トマソ「マングスタ」のカスタムカーや、スキンズと言われるドライビングウェアで、業界の垣根を越え革新的な冒険に出たコラボだと評価されています。

レーシングカーでもあるデ・トマソのマングスタは、実社会では1000万円を超える高級車。そんな高級車もゲームの世界では手頃な価格で電子決済さえすれば具現化でき、それを自分が飽きるまで永続的に楽しめるという実に愉快な世界。同じくハイブランドの商品もゲームの世界では比較的安価で手に入れ楽しむことが可能です。

「Louis Vuitton」 × 「League of Legends」

人気MOBAゲーム「League of Legends・略称 LoL(リーグ・オブ・レジェンド)」と世界的ファッションブランド「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」のコラボも登場しています。

こちらのコラボは、アメリカのゲーム会社RIOT GAMES(ライアットゲームズ)と2年間のパートナー契約を締結したことから実現しました。

リーグ・オブ・レジェンドは2009年にリリースされてから、世界で最も人気のあるPCゲームの1つとされ、eスポーツの牽引役ともなっているゲームです。

今回のコラボでは、毎年恒例のeスポーツファイナルに、カスタムメイドのトロフィーケースを提供しました。またゲーム内のゲーマーのアバター用にアパレルをデザインし、ゲームにインスパイアされたアパレルの物理的なコレクションも登場しています。

このコラボは、リーグ・オブ・レジェンドにも利益をもたらし、そしてファッション業界に従事し関心を持っている人々にもリーチを拡大し、市場での認知度を高めたとされています。

「Balenciaga」 × 「Fortnite」

2021年に発売されたバトルロイヤルゲーム・フォートナイトとBalenciaga(バレンシアガ)のコラボは、ゲームとハイブランドのコラボの先駆け的存在と言われています。

発売されたアイテムは、フォートナイトのゲーム内で使用できるヴァーチャル内でのアウトフィットやツール。プレイヤーは現実世界のバレンシアガの衣服からインスパイアされたデジタルアウトフィットで楽しむことができゲーム内で自己表現が可能となりました。
 
また現実世界では、ロンドンやニューヨークそして東京、ソウルと言った都市で、3D 屋外広告を使ったプロモーションを実施。皆の目を引く没入的な世界観を打ち出しました。

まさに効率的なトランスメディア アプローチを実現したコラボと言われています。

バーチャルで無限に広がるハイブランド

今年コラボ業界において明らかになったことが 1つあるとすれば、それはファッションとゲームの世界が近づいているということ。ゲームとハイブランドの異業種コラボレーションは、製品の市場を拡大することで、ファッションブランドだけでなくゲーム開発者にも利益をもたらし、お互いにメリットを生むことができる注目度の高いコラボと言えるでしょう。

両者にとって追い風となる今が、ベストのタイミングとも言えます。コラボ募集なら、両者のタッチポイントを作るNESTBOWLにお任せください。ご相談はこちらから。

SNSでこの記事をシェアする