1. HOME
  2. 最新ニュース&インタビュー
  3. LVMHの企業価値が高い理由とは? 世界最大コングロマリットが実現するダイバーシティ&インクルージョン【後編】

JOURNAL

LVMHの企業価値が高い理由とは? 世界最大コングロマリットが実現するダイバーシティ&インクルージョン【後編】

LVMHの企業価値が高い理由とは? 世界最大コングロマリットが実現するダイバーシティ&インクルージョン【後編】

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」をはじめ、「ディオール(DIOR)」「フェンディ(FENDI)」「セリーヌ(CELINE)」「ロエベ(LOEWE」」「ブルガリ(BVLGARI)」など、数多くのラグジュアリーブランドを擁するファッション業界大手企業「LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)」。今年2月にはヨーロッパで最も企業価値の高い企業と評されるなど、世界中の企業がLVMHのさまざまな取り組みをモデルにしているといっても過言ではない。近年、日本でもよく耳にするようになったダイバーシティに向けた活動もLVMHは10年以上前から取り組んできており、世界のなかでもダイバーシティの水準が低い日本においてLVMHは常に新しいチャレンジを続けている。

今回は、LVMHジャパンのタレント・アクイジションディレクターとして、企業価値を高める取り組みや情報発信、エグゼクティブ層の採用活動などを行う高瀬なおみさんと、エーバルーンコンサルティングのコンサルタント北川加奈さんが対談。公私ともに交流のある二人が、LVMHでの学生支援に対する取り組みや、NETSBOWL編集部に寄せられた、学生からの質問に回答してくれた。

前編はこちら>>

高瀬 なおみさん(写真右)
大学卒業までをニュージーランドで過ごす。卒業後、日本での外資系ヘッドハンティング会社、外資ラグジュアリーブランドでの勤務を経て、2017年にLVMHジャパンへ入社。エージェンシーと企業双方の採用活動に従事してきた経験を活かし、LVMHジャパンのタレント・アクイジションディレクターとしてエグゼクティブ層のポジション採用実務を行う。また、グループとしての取り組みなど、会社に興味を持ってもらうための情報発信も積極的に行っている。

北川 加奈さん(写真左)
静岡県浜松市出身。大学卒業後イギリスへ留学。帰国後は地元の静岡にて塾講師として勤務。2008年にウォールストリートアソシエイツ(現エンワールド)入社のため上京。2017年にAllegis Group Japanに入社、ASTON CARTER プリンシパルコンサルタントとして勤務。2021年1月にエーバルーンコンサルティング入社。

―学生支援に対する取り組みについて

北川 LVMHは学生の育成支援にも力を入れていますよね。「INSIDE LVMH」についてもお聞きしたいです。

高瀬 「INSIDE LVMH」はもともとフランスにあった学生向けの講座で、フランスのなかでもトップの大学に通う学生だけがアクセスできた特別な授業でした。学校のカリキュラム内に「INSIDE LVMH」という授業を組み込み、1年間学んだ学生がプログラムを卒業するという仕組みでしたが、それが今年初めてデジタライズされ、世界中どこからでもアクセス可能なプラットフォームになりました。学生であればどこの国からでも無料でアクセスでき、コンテンツの内容はすべて英語ですが、英語を学びながら消費財ビジネスを学びたいという学生や、マーケティングを学びたいという学生にはもってこいのコンテンツがたくさん格納されています。

北川 世界中誰でもアクセスできるのは素晴らしいですね。

高瀬 4月にグローバルローンチしたのですが、5〜7月までの間にサーティフィケイションプロジェクト(認定プロジェクト)というものもスタートしました。これは1年に2回チャンスがあり(次は10月〜12月)、学生が8週間の間に何を学びたいか自分で選ぶことができるテイラーメイドなプログラムです。8週間のプログラムを終えると認定証明書がもらえて、将来的にはこの「INSIDE LVMH」の証明書を持っている人が優先的にインターンシップの機会をもらえるという仕組みです。

―LVMHでのインターン受け入れと、新卒採用のこと

北川 素晴らしい仕組みですね。インターンのお話がでましたが、現在もインターンは受け入れているのですか?

高瀬 2年ほど前まではインターンシップの受け入れはあまり積極的ではありませんでした。しかし海外では当たり前で、大学を卒業する頃に皆だいたい2,3年の社会人経験を積み入社します。LVMHはフランスの企業としてもっとインターンシップを活発にするため、学業優先の制度を2019年12月にスタートしました。アルバイトのような形式で、授業のないところで来られる範囲のシステムです。スタート時点では11ポジション募集しており、これまで25名程度の学生が所属しています。

北川 インターンシップからそのまま入社することもありえるのでしょうか?

高瀬 はい。去年LVMH グループのインターンシップを2つ経験された後、1名の方が新卒でオフィスに入社しました。ですがLVMHは基本的に新卒採用はリテールのポジションからスタートをします。リテール経験=お客様のことをより知ることができ、将来どのポジションにとっても貴重な経験だと思っています。

北川 新卒採用する上で見ているポイントはありますか?

高瀬 学生の皆さんは、企業がどういうことを教えてくれるか、この会社で自分のキャリアがどうなるか、などの質問を多く持っていると思います。ですが、LVMHが求めているのは「どうなるんだろう」ではなく「こうしたい」と思っている人材です。もちろんその「こうしたい」の内容は変化していくものでいいのです。学生としてでも「会社でこんなことがしたい」「会社に貢献したい」という思いを持ってくだされば、会社側はそのサポートができます。やりたいことを持ち、チャレンジを続ける方を採用したいですね。

—対談の最後に、今回NESTBOWLに寄せられた学生からの質問に二人が回答してくれた。ぜひ将来のキャリアを考える学生に読んでもらいたい。

質問①女性活躍推進についてどう思われているかお聞きしたいです。

高瀬 LVMHは女性の活躍をとても大事に思っている会社です。これはビジネスだけの問題だけではありません。女性が一人でも多く仕事をすることによって、社会や経済、日本がもっと元気になるので、とても大切なことだと思います。ですから、私たちの「ME LVMH JAPAN クライアント・アドバイザー・プログラム」もたった12名と思う方もいるかもしれませんが、その12名がとても大きな存在で、彼女たちが今の日本のために頑張って勉強や仕事をしながら家族を支えている。そして、彼女たちが頑張っているから私たちも頑張ろうと思ってくれる人が増えていくのではないでしょうか。

質問②ヘッドハンティングの仕事をする上で気を付けていることはなんですか?大学生に対してのアドバイスはありますか?

北川 私が大事にしているのは人と人とのつながりです。口でつながりというのは簡単なのですが、やはりクライアントと候補者、それぞれが何を望んでいるのか、きちんと話を聞き、それを自分のなかで噛み砕いて理解をすること。きちんと理解をすることで双方と信頼関係を築けます。信頼関係がなければ、「この人に自分の人生を託していいのか?」「本当に会社のことを任せていい?」と不安になるはずです。信頼関係=人とのつながりは、学生であったとしても丁寧に築いていくことによって、自分が何をしたいという考えだけでなく、周囲からのサポートも得られるようになります。具体的に築いていってほしいつながりは、学生のお友達同士だけではなくOG/OBなど、既に社会に出ている人たちです。そういう方々と積極的に交流したり、学校以外との接点をもつことも大事です。

【質問③】これからどのような人材が必要となってくると思われますか。

高瀬 一つ今の学生にとってのメリットは、人口が減っている中、ポジションはどんどん増えているということです。若い才能を求める企業は多いですから、求人票の内容だけでなく、会社のValueなどを見て選んでいくケースが増えるのではないでしょうか。LVMHには「Craft the future」という、候補者と社員に向けた4つの約束があります。LVMHは現在働いている人、そして候補者に対して「Challengeすること」「Inspireすること」「Supportすること」「Connectすること」を約束します。ただこれは、会社がGiveするだけではなくGive and Takeで、「私たちもGiveするけれど、あなたたちもGiveしてください」という約束で、お互いの将来をつくるサクセスツールです。今後求められる人材というのも同じように、英語が話せるなどのスキルだけではなく、どう会社に貢献できるのか、どう地域に貢献できるかなどが求められると思います。

【質問④】将来就きたい仕事が決まっていません。大きな夢や、将来的な具体的なビジョンをもっていたほうが良いと聞きますが本当に必要でしょうか。

北川 先ほど高瀬さんがお話してくださった中で、「会社が〜」「他の人が〜」とかではなくて自分がどうしたいのか、自分なら何をするのか、という考えが非常に大切だと思います。それは今自分がリクルーターをしているなかでも非常に大切にしていることです。ではどうやってそのような考えを持つことができるのでしょうか? 今の学生は「INSIDE LVMH」や、他社にもインターンシップのプログラムがあるなど、ここ数年で企業側が学生のために働く機会等を用意する取り組みが増えていて、多くのチャンスに恵まれていると思います。ですから、先ほどの12名のように、まずは積極的にそこに手をあげて参加するという勇気が大事です。先ほどもお話ししましたが、先輩から情報を得るなどして、既に社会に出ている方との接点を得て、実際の経験を聞くことで自分のヴィジョンが見えてくることもあります。ヴィジョンを少しずつ見つけることで自分の将来を考えるきっかけになっていくと思います。

SNSでこの記事をシェアする

Brand Information

HUBLOT

HUBLOT

「異なる素材とアイデアの融合」をコンセプトに掲げるスイスの高級腕時計ブランド。
スイス時計製造の卓越性を映し出すビッグ・バンやクラシック・フュージョンなどのメンズとレディスのラグジュアリーウォッチコレクション。